M106

4月に撮影した、りょうけん座のM106です。
画像


銀河の渦の様子がぼやけた感じにしあがってしまいました。 もう少しハッキリさせたかったです。
すぐ上には NGC4248も写っていました。

/_/_/天体情報_/_/_/
名前:M106  Sb 型
星座:りょうけん座
眼視光度: 8.6等
距離:2000万光年
視直径 18'×8'

/_/_/撮影場所・方法_/_/_/
日時:2010/4/18 01:30~
場所:長野県飯田市上村「しらびそ高原」
望遠鏡:VC200L(1800mm) 赤道儀 EM-200
カメラ:撮影:Nikon D50 ガイド ST-402 
写真: 11分×4枚 総露出時間:約45分
ソフト:ステライメージV5 Paint Shop Pro

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sho
2010年06月06日 01:42
けんじさん、こんばんは。
M106銀河、きれいに撮れてますね。
銀河の内部構造、まわりに広がる様子、見ていて飽きませんね。近くには、小さな銀河もあって、楽しい領域ですよね。
それにしても、さすが、ガイドがいつもながら完璧です。私の方は、最近ガイドエラーに悩まされていますよ(苦笑)
けんじ
2010年06月27日 09:22
shoさん、こんにちは。
かなりお返事遅れてしまいました。ガイドの精度は自信あるので、分解能の高いカメラを購入後に撮影が楽しみです(^_^)/

この記事へのトラックバック