秋の銀河。。

午前0時をこえれば、夜空は早くも秋の星座です。。

画像


今回は焦点距離800mmのR200SSを使用してさんかく座のM33銀河を撮影しました。 かなり夜露で機材が濡れておりいつもは家庭用ドライヤーで豪快に乾かすのですが今回は100Vが使えない場所なので拭き取っただけになりました。よって写真の写りはザラザラとした感じになってしまいました。

画像


こちらも秋の天体でアンドロメダ座にあるNGC404銀河です。この銀河はアンドロメダ座のβ星(ミラク)のすぐ7秒角の所にありβ星(ミラク)が2等星と明るいため光で遮られてしまい、眼視ではなかなか観測できないと思います。それでも写真では写りました。

/_/_/天体情報_/_/_/
名前:M33 型:Sc
星座:さんかく座
眼視光度: 6.7等
距離:250万光年 実直径:5万光年
視直径:71'x 42'

/_/_/撮影場所・方法_/_/_/
日時:2010/8/7 23:50 ~
場所:長野県飯田市上村「しらびそ高原」
望遠鏡:R200SS(800mm) 赤道儀 EM-200
カメラ:撮影:Nikon D50 ガイド ST-402 
写真: 13分×3枚 総露出時間:約40分
ソフト:ステライメージV5 Paint Shop Pro


/_/_/天体情報_/_/_/
名前:NGC404 型:E0
星座:アンドロメダ座
眼視光度: 11.2等
距離:1000万光年 実直径:10000光年
視直径 3'×5'

/_/_/撮影場所・方法_/_/_/
場所:長野県飯田市上村「しらびそ高原」
日時:2010/7/18 1:30~
望遠鏡:VC200L(1800mm) 赤道儀 EM-200
カメラ:撮影:Nikon D50 ガイド ST-402 
写真: 11分×6枚 総露出時間:約66分
ソフト:ステライメージV5 Paint Shop Pro

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sho
2010年08月10日 23:04
けんじさん、こんばんは。
素晴らしい銀河、2連発ですね。
M33の方は、渦巻き構造までよく写ってて、NGC404の方は、恒星と好対照となってて、見応えがあります。
しらびそ高原は、この時期でも、きっと涼しいんでしょうか。私の方は、夜でも暑さと蚊の攻撃に苦しんでますので(笑)
けんじ
2010年08月11日 14:15
shoさん、こんにちは。
いやぁ、しらびそ高原はこの時期日中は30℃くらいまで上がりますよ(*_*) しかし深夜は15℃前後に下がるので上下の差が激しくて風邪をひきやすいです。

この記事へのトラックバック