NGC891

ステライメージ Ver6がようやく届いたので、Ver5とどのくらい違いがあるかを10月に撮影したNGC891で同じように画像処理してみました。

Ver5
画像


Ver6
画像


同じ様に処理をしたつもりですがVer6の方はバックの背景がザラザラしてしまいました。おそらく処理の仕方だとは思いますが、Ver6は扱いにくいのが所感です。 ガンマ値は反対になってしまったしデジタル現像は効き目が弱いような気がするしメモリは食うしで慣れるまでに時間がかかりそうだ(*_*)

/_/_/天体情報_/_/_/
名前:NGC891
星座:アンドロメダ座  種類:系外銀河
眼視光度: 10.8等
距離:3200万光年 実直径:-万光年
視直径 :13.5'x 2.8'

/_/_/撮影場所・方法_/_/_/
場所:長野県飯田市上村「しらびそ高原」
日時:2010/10/10 19:00~
望遠鏡:VC200L(1800mm) 赤道儀 EM-200
カメラ:撮影:Nikon D50 ガイド ST-402 
写真: 10分×4枚 総露出時間:約40分
ソフト:ステライメージV5 V6 Paint Shop Pro

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sho
2010年12月20日 23:21
けんじさん、こんばんは。
V6が届いたようですね。操作の違いとか、きっと、すぐに慣れますよ。
確か、X4の対応も出ていたと思いますので、これからが楽しみですね。

この記事へのトラックバック