秋のNGC253銀河

今年は新月時や土日に晴れてくれず中々天体撮影にいけません。 下の写真は9月の初めに撮影したものです。NGC253銀河は焦点距離の長い望遠鏡で撮影すると銀河の渦の構造も鮮明に写真に写ってくれるので通常私はVC200L焦点距離1800mmの望遠鏡で撮影していますが今回は夏の星雲撮影がメインだったので、R200SS焦点距離800mmの望遠鏡での撮影となりました。

画像


/_/_/天体情報_/_/_/
名前:NGC253銀河
星座:ちょうこくしつ座
眼視光度: 7.7等 写真光度: 7.0等
距離:1300万光年、視直径 :27.5'×7'
実直径:7.5万光年

/_/_/撮影場所・方法_/_/_/
日時:2016/9/3 0:30 ~
場所:長野県飯田市上村「しらびそ高原」
望遠鏡:R200SS(800mm) 赤道儀 EM-200
カメラ:撮影:Canon EOS KISS-X4 ガイド ST-402ME
写真: 7分 × 10枚 総露出時間:70分 ISO1600
ソフト:ステライメージV6.5、PSE V7

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック