テーマ:恒星

カノープス

今年もカノープスを見ることが出来ました。 あまり綺麗ではないですが、 上段がカノープス。 中段が ν Pup 下段が π Pup です。 カノープスを見ると今年のしらびそ高原での天体活動を気持ちよく終えられた感じがします。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オリオン座のリゲル

夏の終わりに撮影したリゲルです。 撮影は9月ですが、夜明け前にはオリオン座が見られます。 久しぶりに撮影しましたが綺麗に撮れたんでアップしてみました。 /_/_/天体情報_/_/_/ 名前:Rigel 星座:オリオン座   眼視光度: 0.1等 距離:700光年 視直径:- /_/_/撮影場所・方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M109銀河

岐阜県で撮影した、おおくま座の銀河です。 薄い雲が少し通過しただけでも、光害の影響を受けたように緑色じみた画像になってしまいました。光害除去をしたのですがカラーの薄い写真に仕上がってしまいました。。 しらびそ高原へ行ったときリベンジしたいです。 下の写真は季節外れになってしまった冬の一等星シリウスです。 /_…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の初遠征です。

今年初のプチ遠征は、去年と同じく岐阜県の小里川ダムになりました。 自宅から1時間で行ける天体スポットです。通勤などの車が多いので 早い時間は写真撮影には向かないですが、場所が広いので探せば 撮影スポットも複数ありますし、安全な場所です。 寒さも強くないですし、天の川も見れる夜空なので、冬場はここで 撮影をしています…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オリオン座の三ツ星 ☆☆☆

今年の天体初撮影は、元旦の夜でした。 前々からオリオン座の恒星達を撮影したかったのですが、自宅からでも撮影可能な、三ツ星を今回ターゲットにしました。  一番下のアルニタクは右にNGC2024がボーと写っていますが、電線にかかってしまい、恒星に光の線が複数はいって失敗です。 恒星の名前は右から順に(写真は上…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シリウス

全天で一番明るい星、シリウスです。 去年にしらびそ高原で撮影して以来、一年ぶりに撮影しました。 次回は、バックの星々をもっと鮮やかにし、切れのあるシリウスにしたいです。 /_/_/天体情報_/_/_/ 名前:シリウス 種類:恒星 星座:おおいぬ座 距離:8.6光…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

オリオン座大星雲

6等星がガンガンに見れた星空の下で撮影した、M42オリオン座大星雲です。 しらびそ高原へ2泊3日で遠征に行きましたが、満月に近い月夜だったので、月が沈みかけた深夜2時以降に勝負をかけました。 雨上がりで好条件だった為か、月が沈みかけた頃にはオリオン座辺りは6等星がボーと滲む感じで見えてました。2時間位の短い時間でしたが、今年最…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

はくちょう座の天体

夏の観望会でもおなじみの恒星達です。 デネブ アルビレオ 上の写真が「夏の大三角」を形成するはくちょう座の一等星デネブ、 下の写真がはくちょう座の尾の部分に位置する二重性のアルビレオです。 天の川の中に位置する天体なのでバックの星々が多く写り、綺麗に仕上がったと思います。アルビレオは街中での撮影ですが、二重…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

タラゼド

夏の一等星、わし座アルタイルのすぐ上に輝くγ星(タラゼド)です。 タラゼドはマイナーな星ですが、天体望遠鏡で観察すると綺麗に輝いています。  距離は 460光年、明るさは太陽の1360倍 とかなりの高温で明るい天体のようです。 /_/_/撮影場所・方法_/_/_/ 日時:2008/7/20 場所:愛知県 望遠…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

球状星団 M15

市街地から撮影した、ペガスス座の球状星団 M15と、わし座の一等星アルタイルです。 天頂に4等星がかすかに見られる明るい場所からの撮影ですが3分程度の露光でも まずまず綺麗に撮影できたと思っています。球状星団がアルプスで撮影したものと 同じように写せれたので良かったです。さあっ、夏休みが近づいてきました! 機材も…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

連星。。。

こと座のベガのすぐ東に位置するεダブルダブルスターです。 写真には2重星の様に写っていますが実際は2つの星が更に2つに分解される4重星です。 この日は恒星をメインに撮影しました。いつになく気持ち悪いくらいガイドが完璧でした(*_*) しかし空が明るいので3~5分が限界です。山奥へ行けば肉眼でみられるこの2つの連なる星達です☆皆…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ゲンマ星

自宅で撮影したかんむり座のゲンマ星です。 自宅は光害が多くこのゲンマ星しか見れないですが夜空の暗い標高の高い山へ 行けばこの時期は頂点に見る事が出来てかんむり座の7つの星が綺麗に見られます。 7つのうちθ星の上にπ星(6等星)が位置しますが比較的明るいので肉眼で確認することが出来ます。 ゲンマと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

はくちょう座のアルビレオ

久々自宅からの撮影です。 3等星をみつけるのがやっとの夜空ですがバックも暗く撮影でき、二重星が綺麗に分解されて写りました。 /_/_/天体情報_/_/_/ 星座:はくちょう座 距離:385光年 光度:(主星:(3.1等) 伴星:(5.1等)) /_/_/撮…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

夏の一等星 ベガ

R200SSで撮影したこと座のベガです。 焦点距離も800mmとほどほどに長く、口径も200mmと個人持ちできる望遠鏡では大きいレベルのR200SSで撮影すると短時間露出で明るく像もハッキリ写ります。VC200Lも分解能など抜群に優れた望遠鏡だと思いますが、R200SSも素晴らしい物です。{%チョキw…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

稲穂の先に輝く真珠星

しらびそ高原に輝く、おとめ座のスピカです。 真珠星の名で知られているおとめ座のスピカです。 女神が持つ稲穂の先に青白く輝いています。 しらびそ高原遠征2日目に撮影しました。この日は深夜をすぎる頃から霧による湿気が立ちこめてきて一時機材がべたべたになってしまいました 天体撮影にいくと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の大三角

しし座の2等星デネボラです。 デネボラはうしかい座のアークトゥルスとおとめ座のスピカとで春の大三角形を形成しています。 VC200L(焦点距離1800mm)で撮影しましたが、露出時間を長くしないと周辺の恒星があまり写らないです。 R200SS(焦点距離80…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

恒星シリーズもあともう少しです。

春の一等星アークトゥルスです。 VC200L(1800m)でのオートガイド撮影のトライも、ハッキリ成功失敗の現れる恒星で、上手くいくようになりました。5月からは銀河撮影です。 残りのトライは、自宅か…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オートガイド撮影トライも一ヶ月半が過ぎました。

自宅から、こぐま座β星を撮影しました。 大体普通に使えるスキルは身に付きました。 赤道儀のガイドの精度的には今一つですがトライで身につけたキャリブレート設定で、カバ-して行きたいです もう、実践にでても大丈夫でしょう
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミザールとアルゴル

おおくま座のミザールとアルコルです。 オートガイドで自宅からトライした、おおくま座のミザールとアルコルです。 ガイドは1時間くらいは問題なく出来ていました。しかし、ズレが大きいときに 元の位置へ修正したりを繰り返したりすると写真に二重に写ったり、大気の揺らぎなどが大きく星像がぶれると星が大…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

春の一等星

春の一等星を撮影しました。 最近は像の流れてしまっている写真が多いですが、GWからキッチリ撮影したいです レグルス(しし座) レグルスは、全天体21個の1等星の中で一番暗い星です。 _/_/天体情報_/_/ 星座 : しし座 明るさ: 1.35等星 直…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おおぐま座の一番星

おおぐま座に位置する、おなじみの北斗七星の先端のα星を撮影しました。 この日は赤道儀の作動状態が悪いのかスターブックの調子が悪いのか、オートガイドで目的の天体を指定しても、全くまとが外れてしまい、たったの15秒が追尾の限界でした。春に向けて準備中のオートガイド撮影の機材も動作せず配線不良の可能性あり。。。。 なかなか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more