テーマ:超新星残骸

NGC253、NGC891、M1

昨年撮影して画像処理せず残っていた天体です。 NGC253 ピント、ガイドが甘かったせいか、シャープさに欠けた 仕上がりになってしまいました。 NGC891 バックの夜空の処理に手こずりました。画像の荒い作品に なってしまいました。 M1 まずまずな仕上がりだと思います。 /_/_/天体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NGC6992 網状星雲

夏にしらびそ高原の土捨て場で撮影しました。 なかなか撮影と画像処理に難しい天体です。 天の川に潜む天体なので対象を明るくするとバックの星々まで明るくなり 画像処理に苦労しましたが、過去に撮影した中で一番の良出来でした。 同じ日に撮影したたて座のM11です。 /_/_/天体情報_/_/_/ 名前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しらびそ遠征年内最終章

今年も早いものでもう11月。。。。 4月から遠征始めたしらびそ高原での天体活動も終わりを迎えました。 今シーズンはあまり撮影ができなかったシーズンだったと感じております。 下の写真は10月に撮影したM1かに星雲です。 フィラメントの赤がよく写ったと思っています。 最終に行った時も曇りで撮影はできませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の超新星残骸

私が好きな、NGC6992 超新星残骸です。 綺麗に撮影できたと思いましたが、チップにスモークがかかっており ぼやけた作品になってしまいました。 /_/_/天体情報_/_/_/ 名前:NGC6992 超新星残骸 型: - 星座:はくちょう座 眼視光度: 9.0等 写真光度: -等 距離:1500光年、視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M1 かに星雲

いよいよ冬の天体が撮影できる時期になりました。 さっそくM1かに星雲を撮影しました。 ピントはうまく合いましたが、ガイドの精度が微々たる量ですが動いています。 同焦点距離でガイド精度も完璧にコントロール出来ればもっと天体の構造が鮮明に映し出されると思いました。 /_/_/天体情報_/_/_/ 名前:M1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

M1カニ星雲

2日に続いて3日は私の本名である天体の撮影へ行きました。 KissX4での初撮影でした。 今年も1月は岐阜県の小里川ダムへボランティアの仲間と行きました。 撮影対象は「M1カニ星雲」と「M42オリオン座大星雲」です。 薄雲が上空を通過しあまり長時間撮影できませんでしたが、初撮影という事もありどんな感じに撮影出来るかを試…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

NGC 6992、6995

かに星雲につづき、こちらも超新星残骸 NGC 6992、6995です。 こちらの超新星残骸は、夏の天の川に潜んでいます。夜空の条件がよければ双眼鏡でもその存在を確認する事が出来ます。 約2万年前にかなり大きな星が爆発した名残だと言われています。今でも秒速100キロ程度の速さで膨張を続けています。 /_/_/天体情報_…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

M1 かに星雲

一ヶ月ぶりに天体写真の画像処理をしました。 10月に撮影したM1カニ星雲です。 星は一生を終えるときに爆発するのですが、その爆発した姿がM1カニ星雲の姿です。(超新星残骸) 1054年に爆発したそうですが、当時は金星くらいの明るさで輝き、昼間でも23日間も肉眼でも見ることが出来たそうです。 写真の方ですが薄雲が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の初遠征です。

今年初のプチ遠征は、去年と同じく岐阜県の小里川ダムになりました。 自宅から1時間で行ける天体スポットです。通勤などの車が多いので 早い時間は写真撮影には向かないですが、場所が広いので探せば 撮影スポットも複数ありますし、安全な場所です。 寒さも強くないですし、天の川も見れる夜空なので、冬場はここで 撮影をしています…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

M1かに星雲

満月に近い月夜で撮影したM1かに星雲です。 かに星雲の赤色のガスの部分は改造デジカメやCCDでないと、とくに写らないのですが 、今回はまずまず写った方だと思います。 次回は月明かりの全くない夜空で露出時間10分で撮影してみたいです。またVC200L長直焦点で爆発構造をハッキリわかる様に撮影してみたいです。 /_…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more