テーマ:球状星団

m13 球状星団

しらびそ高原で春の星を見る会が終わった後にM13を撮影しましたのでアップします。 風が強くガイドエラーが多かったのですが、望遠鏡をオーバーホールに出して直後でレンズや鏡面が綺麗だったこともありうまく撮影できたと思います。 /_/_/天体情報_/_/_/ 名前:M13 球状星団 星座:ヘルクレス座 眼視光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の球状星団。

夏の球状星団をいくつかアップしました。 夏は球状星団がたくさん見られます。 視界が銀河の中心方向に向くので 銀河系中心に分布する球状星団がたくさん見られます。 M5 M10 /_/_/天体情報_/_/_/ 名前:M5 球状星団 型: V 星座:へび座 眼視光度: 6.2等 写真光度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NGC5466 球状星団

NGC5466 球状星団 あまりメジャーではなさそうなうしかい座の球状星団の様です。 NGC5466 /_/_/天体情報_/_/_/ 名前:NGC5466 球状星団 タイプ: 星座:うしかい座 眼視光度: 10.1等 写真光度: -等 距離:51800光年、視直径 :11' 実直径:80光年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M15球状星団

ペガスス座の球状星団 M15です。 M15は変光星を多く含む球状星団として知られています。また球状星団の中で初めて惑星状星雲も見つけられています。最も密集度の高い球状星団で10万個もの恒星が所属しているといわれています。ペガスス球状星団はかなり古くからあったとされ、 球状星団自体の年齢は宇宙が誕生して間もない132億年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球状星団 M22

M22らしく金色にぶつぶつギラギラと写ってくれました。   夜空の条件がかなり良かったので肉眼でも確認しようと試みましたが見えませんでした。。 /_/_/天体情報_/_/_/ 名前:M22 星座:いて座  種類:球状星団 眼視光度: 5.9等 距離:10000光年 実直径:110光年 視直径:24' …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いて座の天体

いて座の天体をねらって撮影しにいきました。 M17 オメガ星雲 平日の天気の良い日を狙って撮影に行ったので、人気も少なく夜空の条件もよい中で撮影できました。更に上手く画像処理もできたのでかなり満足いく作品です。 ただ、実はピントが少し合っていないのが残念なところですm(__)m 同じ日に撮影したいて座の球状星団M7…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

さそり座の球状星団 M4

ピント合わせもガイドも精度良くいき、夜空の条件もよく撮影できましたが、 どうもインパクトのない作品に仕上がってしまいました。 /_/_/天体情報_/_/_/ 名前:M4 星座:さそり座  種類:球状星団 眼視光度: 6.4等 距離:7100光年 実直径:50光年 視直径:20' /_/_/撮影場所・方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球状星団 M2

深夜になれば秋の星座が見られる季節になりました。 ピントもシャープでガイドも殆どずれなかったのですが、撮影枚数が2枚だったため強い画像処理が出来ませんでした("≫_≪") /_/_/天体情報_/_/_/ 名前:M2 星座:みずがめ座  種類:球状星団 眼視光度: 6.5等 距離:2300光年 実直径…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球状星団 M13

ヘルクレス座の球状星団 M13です。 北天ではもっとも大きく明るい球状星団です。この天体は約10万個の恒星が集まって形成されています。 撮影ですがガイドもピントもうまくいきました。ライブビューを今年から使っていますが本当に便利だと思いました。 上段は100%のままアップしましたが、気づいた点は保存の際に画像が粗…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

しらびそ高原年内最終章。。

 今年もしらびそ高原への天体写真撮り遠征も年内最後を迎えました。 毎年年内最後は快晴に恵まれますが、今年は天候が微妙に悪かったので心配でした。。 今年は職場の仲間と出かける機会が多かったのですが、職場の仲間と行くと、まず晴れないので今回も心配でしたが、夜中晴れましたので良かったです。 なおしらびそ高原の仲間達も大勢来ていたのでより楽しむ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

M4

 ひさしぶりに球状星団を撮影しました。  球状星団とは「年老いた数1万~100万個の星達が球状に群れ集まっている状態をいいます。   特に銀河の中心付近に多く存在します。」 今回撮影した球状星団M4はさそり座のアンタレスのすぐ西に位置する天体です。 シャープなイメージがあり私のお気に入りの球状星団です。  写真ですが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天体写真撮り、初遠征に行ってきました

今年の初遠征は仲間と一緒に 岐阜県の小里川ダムへ行きました。 例年よりかなり寒く現地付近は -5℃ 目的地およそ400M手前でアイスバーンにのってしまいスタッドレスを装着していましたが滑ってしまい車が前に進まずアクシデントに遭遇してしまいました(≫_≪)   仲間に外から車を押してもらいながら何とか30程度でその場所から脱出する事…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

さんかく座の銀河

先月、しらびそ高原で撮影したさんかく座のM33銀河です。 夜空の状態が撮影に好条件なら私の無改造デジカメでも、銀河内に赤色のガスが写ったりするのですが、今回は写りませんでした。。 数枚ガイドミスが発生したため3枚のコンポジットとなりました。ピントを更に絞り込めたら銀河の渦巻き構造がもう少し鮮明に映し出せたと思います。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の天体

ようやくGWに撮影した天体を編集しました。 うみへび座のマイナーな球状星団です。 からす座の台形の左下β星の下に位置して おり、比較的見つけやすい天体です。 見た感じは、口径20cm程度の反射望遠鏡で、星粒がばらばらと分解されて見ることができました。 この球状星団は、光度が0度以上の星が250個もあるらしくM…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏の天体。。

ゴールデンウィークと6月に撮影したものです。 M80球状星団 M57リング星雲 夏休みに入ってもいっこうに晴天には恵まれず天体写真を撮りに行けない日々が続きます。。昨日は初めて鮎の友釣りへ行きました。 一匹ですが一匹ですが釣れたので良かったです。 そして今日は、ようやくGWと6月に撮影した天体写真の編集をしています。 上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

球状星団 M3

3月の寒い時期に岐阜県で撮影した、球状星団M3です。 主鏡(焦点距離800mm)に対してガイド鏡(焦点距離400mm)と倍も違うのでガイドが難しく完璧にガイドできる時がなかなか無いのですが、この作品はガイドズレも少なく良く撮影できたと思いました。多少ピントが甘かった気がします。 /_/_/天体情報_/_/…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ω星団

機会や天候に恵まれずなかなか見ることが出来ませんでしたが、今回初めて見る事ができました。 星見やってれば一度は見たい天体です。 日本からでは何せ高度の低い位置に存在するので少しの天候の悪さでも見えなくなってしまいます。 今回も3日間トライして最終の3日目にようやく見ることができました。 それでも霧っぽい中、双眼鏡でぼんやり確認…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の星団

10月11日にしらびそ高原へ行ったときに撮影した、夏の星団です。 月の影響をなるべく避けての撮影でした。 あまりインパクトのない写真に仕上がってしまいました。  実際の見え方は、M11写真上は双眼鏡でも写真の様に星々が 分解されて見る事が出来ます。 M56は白いシミがボーと滲んだ感じに見えます。 明日からは仲…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

二重星団(h-χ)

乗鞍岳で撮影したペルセウス座の二重星団(h-χ)です。 ガイド鏡の焦点距離が主鏡の半分なのでガイド星が少し外れると写真には倍程度ずれて写ります ガイド鏡も同焦点にしたかったのですが理論上は主鏡に対して1/4の焦点距離でガイド出来るそうなので何…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

乗鞍岳へ行きました。

標高1800mある乗鞍岳の三本滝へ星見遠征です。 夏休みのためかなりの観光客でした。皆さん上の写真の場所(標高1600M)へ車を止めバスに乗り換え頂上へ行かれてました。私はもう少し車で頂上近くの三本滝(1800M)まで足を運び写真撮影です。 ここまで来ると夕方からは殆ど人は来ず薄気味悪いですが良い天体写真スポットです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

球状星団 M15

市街地から撮影した、ペガスス座の球状星団 M15と、わし座の一等星アルタイルです。 天頂に4等星がかすかに見られる明るい場所からの撮影ですが3分程度の露光でも まずまず綺麗に撮影できたと思っています。球状星団がアルプスで撮影したものと 同じように写せれたので良かったです。さあっ、夏休みが近づいてきました! 機材も…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

M71

天の川の中にある、や座の球状星団です。 天の川のなかにある淡い球状星団です。夜空がかなり暗ければ双眼鏡でも 確認できますが、薄い散光星雲の中にある散開星団って感じに見えると思います。 写真はVC200Lで撮影しました。ガイドしていても等倍にすると少しピントが ぼけている感じです。次回は焦点距離を2/3倍にして撮影して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリントアウトしたみたら。。。

デジカメで撮影した、天体写真のM13をプリントアウトしたら想像以上に汚い写真になってしまいました(-_-;) ↓プリントアウト 始めての試みだったのでどうかと思いましたが汚すぎました(≫_≪) 写真屋にもっていってプリントアウトしてもらうのが難でしょうかね。。。? どなたか良い方法しりませんか?
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最も明るい球状星団 M13

しらびそ高原で撮影した夏の名物球状星団M13です。 M5に負けずと、北天ではもっとも大きく明るい球状星団です。 この天体は約10万個の恒星が集まって形成されています。 何枚か撮影しましたが、像が流が全くない一枚をUPしました。 一枚物で3分の露出ですがベストショットだと思っています。 {…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

かみのけ座の球状星団 M53

しらびそ遠征シリーズ最後の作品です。 私が天体観測を始めて、一番最初に見つけた球状星団がM53です。M64黒目銀河を探していたら視界に飛び込んできました。望遠鏡で探していると、回りに目立った恒星もない為か、 いきなりボーと美しく輝く球状星団(M53)が飛び込んできます。 この日はガスりがひどく夏のよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さそり座の球状星団 M4

 さそり座アンタレス、M4の位置するこの辺りは全天でもっとも色合いが美しいといわれている領域です 像が流れてしまいましたがなんとか球状星団らしく撮影できました。写真右下にはNGC6144が写っています。(光度 :10.4等 ) /_/_/天体情報…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もっとも大きく明るい球状星団 M5です。

こちらもしらびそ高原遠征一日目に撮影しました。 約10万個の星からなる球状星団で、夜空の条件がよければ肉眼でも確認する事が出来ます。因みにこの日のしらびそ高原の夜空ではNikon D50のファインダーから確認する事が出来ました。 写真の方は十数枚撮影しましたが像が流れずに撮影できたのは2枚だけ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

球状星団ベスト3に入る 真珠の輝きM3

半年ぶりに訪れた、岐阜県白川町のクオーレふれあいの里で撮影しました。 全天でBEST3にはいる球状星団です。 約200個の変光星が見つかっている球状星団です。夜空の条件さへよければ肉眼でもボーと見…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more