M64 黒目銀河

3年ぶりに撮影した M64 黒目銀河です。

画像

画像


黒目という由来は、銀河全体が目の様に見えるため、黒眼銀河(Black Eye galaxy)という別名で親しまれてる様です。
  撮影ですが、夜空の条件やガイド・ピントの精度も上手くいきましたので綺麗に仕上げる事が出来ました。もう少し撮影枚数を増やして強い画像処理をしたかったです。

/_/_/天体情報_/_/_/
名前:M64 黒目銀河  タイプ:Sb
星座:かみのけ座
眼視光度: 8.8等 写真光度:9.3等
距離:1700万光年、視直径 8' ×5'
実直径:14万光年

/_/_/撮影場所・方法_/_/_/
日時:2012/4/28 1:00
場所:長野県飯田市上村「しらびそ高原」
望遠鏡:VC200L(1800mm) 赤道儀 EM-200
カメラ:撮影:Canon EOS KISS-X4 ガイド ST-402 
写真: 10分 × 6枚 総露出時間:60分 ISO1600
ソフト:ステライメージV6.5、Paint Shop Pro

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sho
2012年05月13日 20:25
けんじさん、こんばんは。
見事な黒目銀河ですね。銀河中央の目が、こちらを見ているような感じが、よく出ていますね。
撮影時間については、私の経験では、一対象に2時間以上とすると、かなり滑らかになる印象ですよ。機会がありましたら、ぜひぜひ!!
けんじ
2012年05月13日 23:06
shoさん、こんばんは。二時間以上ですか… やってみますね。

この記事へのトラックバック